30代からでも間に合うボディメイク

筋トレ大百科

スポンサーリンク

筋トレ豆知識

筋トレをしても筋肉痛にならない場合は毎日やっても良いのか?

更新日:

Pocket

はじめに

筋トレを継続してやっていると、以前ほど筋肉痛が酷くないし、筋肉痛自体ならなくなってきますよね。

筋肉痛にならないということはまだまだ負荷が足りないということだし、それなら毎日筋トレをした方が効果があるのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。

でも筋トレは毎日しない方がいいという話も聞くし、実際のところどうなの?って悩んでしまいますよね。

ということで今回は「筋肉痛にならなければ毎日トレーニングをやってもいいのか?」というテーマでお話をしていきます。

 

筋肉痛にならないなら筋トレは毎日してもいいのか?

結論から言うと、筋トレは毎日するべきではありません。

筋肉痛になっていないからといって、筋肉が傷ついていないわけではありません。

(程度にもよりますが)トレーニングを行えば筋肉は傷つくので、その傷ついた状態を治すために体は超回復を行います。

超回復の時にトレーニングを行ってしまうとオーバーワークになり、回復が遅くなったり場合によっては逆に筋肉が減ってしまうのです。

そのためトレーニングを行った場合は筋肉痛がなくて体を休ませるようにしてください。

 

ただし、上記の話はあくまで「同じ部位」の連続したトレーニングの場合です。

同じ部位で無ければ毎日行うことは問題ありません(例えば上半身の筋トレした次の日は下半身の筋トレする等)。

とはいえ筋肉痛が起こっている場所が増えれば増えるほど回復は遅くなりますし、超回復が起きている時は体の抵抗力自体が下がって体調を崩しやすくなるので、やりすぎには注意してください。

毎日行うとすれば「上半身のトレーニング日→下半身のトレーニング日→オフ日」という感じで休息は必ず挟むようにすることをおススメします。

 

筋繊維の損傷=筋肉痛というわけではない

筋肉痛になれば筋肉が増える・肥大すると思っている方も多いのですが、それは間違っています。

先ほども記載しましたが、トレーニングを行えば、個人差はあるものの筋繊維は損傷します。ですから筋肉痛になっていないからといっても筋肉自体が損傷していないわけではありません。

なので繰り返しにはなりますが、同じ部位のトレーニングは連日やらない、しっかりと休めて超回復させるというのを徹底するようにしてください。

焦る気持ちはわかりますが、損傷している状態でやってもあまり意味ないので、焦らずゆっくりと行っていきましょう。

 

負荷の軽い筋トレなら毎日やってもいい?

これも結論から言いますが、やらない方が無難です。

理由は先ほどと同様に超回復が遅れる、または逆に筋肉が小さくなるからです。

といってもこれはあくまで筋肉を付ける・肥大させる観点からの話なので、スタミナを付けたいとか、トレーニングしないと落ち着かないという方は行ってもいいとは思います。

目的があるならやってもいいとは思いますが、そうじゃないならやらずに休息を取った方が筋肉にとっては絶対有意義です。

ですから、筋肉を付けたい・肥大させたい方や特別な目的ない場合は、負荷が軽くても毎日筋トレはやるべきではありません。

 

まとめ

「筋トレをしても筋肉痛にならない場合は毎日をやってもいいのか?」というテーマでお話しましたがいかがだったでしょうか。

結論としては筋肉痛にならなくても毎日筋トレはするべきではありません。

もっと筋肉増量・肥大をしたいと思ってがむしゃらにやらないといけないと考えてしまうかもしれませんが、かえって逆効果になります。

「しっかりトレーニングを行い筋肉を追い込む」→「しっかりと栄養を摂取する」→「しっかりと休息を取る」というのがルーティンでやっていくのが理想ですし、結果的に1番の近道なのです。

早く結果を出したい、もっと筋肉を付けたいと焦る気持ちは非常に理解できますが、焦ったところでどうにかなるわけじゃないので、急がば回れの精神でじっくりとトレーニングを積んでいくことをオススメします。

筋トレはしっかりとやってやれば必ず結果は出るので、焦らずゆっくりとやっていきましょう!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ豆知識

Copyright© 筋トレ大百科 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.