30代からでも間に合うボディメイク

筋トレ大百科

スポンサーリンク

ダイエット

ライザップ式の筋トレ&食事管理を自分で行いダイエットする方法

更新日:

Pocket

ライザップ式ダイエットとは?

CMなどで話題を呼び、今や知らない人はいないのではないかというぐらい有名になったライザップ。

 

トレーニングや食事などの生活習慣を徹底的に管理しながらマンツーマンでダイエットを進めていくといった、一般的なスポーツジムとは異なった方法を取っているのが最大の特徴です。

 

その方法というのは、一人一人に合わせた個別のプログラムを組んで行うというものです。

だだし、効果が見込めるだけあって費用も高額なので、受けるにはなかなか敷居が高いです・・・。

2か月で30万円という金額ですので普通に働いている人は、少し気後れしてしまう金額です。

 

ダイエットをしたいけど、ライザップに通うほどの余裕はない、という方の為に今回は自宅で出来るライザップ式のダイエット、筋トレと食事に関してお知らせしていこうと思います。

この方法をおすすめしたいのは、「とにかく痩せたい」という人におすすめです。

 

フィジークなどの競技に出場予定の人には、あまりおすすめできません。

というのも、急激に痩せる方法のため筋肉も落としてしまう可能性が高いからです。

筋トレは必須

ライザップ式のダイエットには筋トレが必要不可欠です。

筋トレと言っても、ただやればいいと言う訳ではありません。

 

当然ではありますが、効果的に行わないと体重が落ちなかったり体を壊したりといったデメリットも出てきます。

まずは筋トレを行う理由やコツを知っていきましょう。

 

1.筋トレを行う理由

ライザップでは筋肉量を維持させるために有酸素運動ではなく筋トレを重視しています。

筋肉が減ってしまうと基礎代謝が下がってしまいます。基礎代謝というのは生きているだけで消費するカロリーのことです。

この基礎代謝が高ければ高いほど、消費カロリーも増えるので痩せやすい体になっていくというわけなのです。

こうして基礎代謝を維持、または向上させることで消費カロリーは増やし、食事制限で摂取カロリーを減らすことでダイエットをするというのがライザップ式のダイエットです。

 

ライザップ式ダイエットはダイエットの鉄則である【消費カロリー>摂取カロリー】に沿ったシンプルな方法なのです。

多くの人がやりがちな食事制限だけのダイエットでは、体重は減らせるが筋肉も落ちてしまって基礎代謝が下がってしまい、効率が悪くなります。

 

ですから、ライザップ式ダイエットをするならば、筋トレは絶対に必要ということなのです。

2.筋トレを行う回数

筋トレの基礎について知っておきましょう。

よく、ジムなどで闇雲にあっちこっちのマシンを手あたり次第にやっている人を見かけます。

 

しかし、それでは筋肉への刺激が中途半端になってしまい効果も半減してしまいます

基本的に筋トレは10回×3セットがよいといわれています。

この時、10回できるのがギリギリという重量(負荷)をかけることが必須です。

 

とはいえ、トレーニングに慣れるまでは、関節などを痛める可能性もあるので無理なく扱える重量で始めるようにしましょう。

3.有酸素運動は必須ではない

ライザップ式ダイエットでは有酸素運動は必須ではありません。

それよりも無酸素運動、つまり筋トレを重視します。

ウォーキングやランニングといった有酸素運動がダメというわけではないですが、以下の理由から重要視されていません。

 

・消費カロリーが少ない
・筋肉が分解される

 

ウォーキングを30分行っても消費カロリーは100キロカロリー程度です。

また有酸素運動により筋肉が分解されると基礎代謝量が低下してしまい、太りやすい体となってしまいます。

 

こうした理由からライザップのトレーニングメニューに有酸素運動は組み込まれていません。

ですから運動は基本的に筋トレのみです。

トレーニングメニュー

筋トレは鍛える部位によって、行うトレーニング内容が違います。

一例ではありますが、ライザップで行っているトレーニングメニューをご紹介します。

1.上半身のトレーニングメニュー

○胸のトレーニングメニュー一例

・ベンチプレス

・ダンベルベンチプレス

・腕立て伏せ(プッシュアップ)

 

○肩のトレーニングメニュー一例

・ダンベルショルダープレス

・サイドレイズ

 

○腕のトレーニングメニュー一例

・アームカール

・フレンチプレス

 

○背中のトレーニングメニュー一例

・ラットプルダウン

・シーテッドローイング

・バックエクステンション

 

2.下半身のトレーニングメニュー

・スクワット

・フォワードランジ

・デッドリフト

・ヒップリフト

3.腹筋のトレーニングメニュー

・クランチ

・レッグレイズ

・ニートゥチェスト

・シートアップ

・ベンチクランチ

・ベンチレッグレイズ

ライザップ式 食事管理

ライザップではトレーニングの効果を最大限に発揮するために、食事管理を徹底的に行っています。

短期間で効果を出すにはトレーニングだけでなく食事も非常に大事になってくるというわけです。

 

ライザップで行われている事を同じように行うことは難しいので、自身で行いやすい方法をご紹介します。

1.食事の記録を取る

・ライザップではアプリを使って食事の報告やトレーナーからのアドバイスなどのやり取りを行っています。

ただしそれを自分で行う事は難しいので、自身で行う場合は食事の記録を取ることをお勧めします。

記録を取る事でフィードバックもしやすいですし、今後の食事メニューを考えたりと管理がしやすくなります。

2.食事は低糖質

・トレーニングの成果を引き出せるように、低糖質な食事をしましょう。

ライザップ式では、一日を通して糖質をほぼゼロにします。

糖質というのは甘いものはもちろん、白米やパンなどの炭水化物、ニンジンなどの根菜類に多く含まれているので、これらの食品を全く摂らないようにします。

糖質を摂らないことで体内の脂肪をエネルギーとして使うようにしていくというのがライザップ式のダイエットです。

 

3.サプリメントでトレーニング効果を上げる

サプリメントを取り入ることでトレーニングの効果を得られやすくなります。

また食事だけでは不足しがちな栄養素を取り入れることによって、体の健康維持も期待できます。

おすすめなのは、あれこれ考える必要もなくたくさんのビタミンとミネラルが摂取できるマルチビタミンと呼ばれるサプリです。

まとめ

いかがだったでしょうか。ライザップではトレーニングと食事管理を徹底してこだわることで、会員の方々の目標達成を実現しています。

ライザップでノウハウを取り入れつつダイエットを行っていけば、全く同じようにとはいかなくとも効果的にダイエット進めていけるはずです。

ダイエットは辛く険しい道のりなので、少しでも楽しく体重を落としていくために、上記で記載したことを参考にしつつ、ダイエットの成功に役立ててもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© 筋トレ大百科 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.