30代からでも間に合うボディメイク

筋トレ大百科

スポンサーリンク

筋トレ豆知識

ホエイプロテインのwpiとwpcってどう違うの?どっちがおススメ?

更新日:

Pocket

はじめに

筋トレの効果を補填するためにプロテインを摂取している方は多いかと思います。

ただプロテインにも種類がありまして、筋肉増量・肥大を目的としている場合はホエイプロテインを推奨します。

ただしホエイプロテインと言っても「wpi」「wpc」という種類があります。含まれる成分量の違いや値段などが違ってきますので、目的やコストに応じて選ぶ必要があります。

今回はそんなホエイプロテインの「wpi」「wpc」についてご説明していきたいと思います。

 

ホエイプロテインとは

ホエイプロテインはチーズを作るときの副産物のホエイ(乳清)からたんぱくを分離、精製・製造されます。

さらに精製・製造方法にも違いがあり、それによって「wpi」と「wpc」に分けられるという仕組みになっています。

タンパク質を構成しているアミノ酸や吸収スピードなどにおいて通常のプロテイン(ソイプロテインなど)よりホエイプロテインは優れています。

そのため筋肉増量・肥大を目的にしている方々からはホエイプロテインが非常に指示されていますし、実際に飲まれています。

 

「wpi」「wpc」の違い

先ほども記載しましたが、ホエイプロテインは精製・製造方法の違いで「wpi」と「wpc」の2つに分類されます。

精製・製造方法の違いを交えながらそれぞれの違いをご紹介していきましょう。

まず簡単に説明すると、セラミックフィルターなどを用いた膜処理で精製されるのが「wpc」、樹脂に電荷を帯びさせて化学的に精製するイオン交換法で製造されるのが「wpi」となります。

膜処理の場合、たんぱく質含有率80%程度、イオン交換法では純度90%まで精製できます。

そのためタンパク質の含有量だけで考えると「wpi」の方がタンパク質を多く摂取できるということになります。

ただしイオン交換法の方がコストがかかるため、「wpc」に比べ「wpi」の方が値段が高いです。

 

「wpi」と「wpc」の選択の仕方

「wpi」と「wpc」の違いは上記を読んでいただければ理解は頂けたかと思います。

といってもどちらを選択して飲めば良いのかは悩むかと思います。

プロテインは継続して摂取していくものなので、品質や内容だけでなく値段も考えて選ぶことをおすすめします。

下記に選ぶ上でのポイントをまとめましたので、下記を参考にしてどちらを選択するか判断してみてください。

 

「wpc」が向いている方

「wpc」は「wpi」に比べてタンパク質の含有量が少ないので(80%以下)なのですが、その分「wpi」より値段は安いです。

その為そこまで筋トレの負荷が高くなく、筋肉増量・肥大を主目的としていない方やコストを抑えたい方には「wpc」をおすすめします。

ちなみにですが筋肉増量・肥大を主目的だけどコストは抑えたいから「wpc」を選びたいという方もいらっしゃるかと思います。

そういう場合は1日に複数回飲むようにしてください。そうすれば含有量の少なさをカバーできます。

ただし腸が弱い方だと複数回飲むことでお腹を下しやすくなるので注意してください。

 

「wpi」が向いている方

「wpi」はタンパク質の含有量が90%前後と非常に高いのが特徴なので、高負荷の筋トレを行っている方や筋肉増量・肥大を主目的している方におすすめです。

またタンパク質の含有量が高いので、少ない摂取量でも済みます。その為お腹がゆるくなりがちな人、中高年の方にもおすすめです。

ただし「wpc」に比べると値段が高いので、コストを抑えたい方にはあまりおすすめできません。

 

まとめ

ホエイプロテインの「wpi」「wpc」についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

2つの違いは上記で説明したようにタンパク質の含有量と値段です。特にこだわりが無ければ正直なところどちらを飲んでも良いと思います。

ただ効果やコストを気にする方にとっては、長い目で見ると小さな違いが大きな違いになってくるので、どちらか悩んでる方は考えた上で購入することをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ豆知識

Copyright© 筋トレ大百科 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.