30代からでも間に合うボディメイク

筋トレ大百科

スポンサーリンク

大会カウントダウンシリーズ

メンズフィジーク大会までのカウントダウン日記【10日前】

更新日:

Pocket

おはこんばんわ!マーボーです。

突然ですが、私は2018年8月18日(土)に
埼玉県さいたま市「ソニックシティ」で行われる
「NPCJ DIAMOND CUP」という大会の
メンズフィジークコンテストに出場します。

そのため、5月1日から減量を開始して、
いよいよ大会10日前になりました。

今回の大会に向けての減量の追い込みや
調整方法などについて順を追ってお話ししていく
【フィジーク大会カウントダウンシリーズ】という
記事シリーズを公開していきます。

初めて大会に出る人の参考になれば幸いです。

リーンゲインズという減量方法

大会が近づいてきて摂取カロリーは基礎代謝程度なのに
体重が減らないという状態が長く続き悩んでいました。

これは長期にわたる減量によって体が低カロリー状態に慣れてきて
起こる「停滞期」というものです。

体は低カロリー状態が続くと代謝を下げて、
脂肪は燃焼させずに、より少ないカロリーで生活をできるように
適応してしまうようになるのです。

これを解消する方法に、1日ドカ食いする日を設ける
チートデイという手があります。

しかし、僕は大会参加が初めての素人なため
チートデイをやる勇気はありませんでした。

そこでもう1つ停滞期に効果がある「断食」に目をつけたのです。

停滞期に「断食」をすると、体が「本当に危機だ」と考えて
体は脂肪を消費しだすのだそうです。

ただ、断食をするのには事前の食事や断食後の食事にも
制限が必要になってくるので、大会まで残り少ない日数で
やるのは危険だと思いました。

そこで出会ったのが、この「リーンゲインズ」という手法なのです。

1日24時間のうち食べ物(カロリー)を
摂取できるのは8時間だけにして、それ以外の時間はカロリーを摂取しない
という方法です。

もちろんカロリーゼロのジュースなども避けた方が無難です。

大会12日前くらいから新たにこの「リーンゲインズ」に
取り組んでいます。

これに取り組む前までは1日中少しずつ食べ続けて
カロリーを摂取していました。

寝るちょっと前までも食べていたので、そういったことも
良くないのかなと思っていたので、「この方法はよさそうだ!」
と思って即実践しました。

すると、実践して2日ほどするとなかなか切れなかった
70キロの壁を突破することができたのです。

いよいよ、60キロ台になって当初掲げた体重目標である
70キロちょうどは達成しました。

ここからはさらに絞れるだけ絞っていこうと思います。

大会10日前に食べたもの一覧

朝食

オートミール28グラム

豚もも150グラム

卵Mサイズ1個

昼食

ソイプロテイン(アーモンドミルク200mlで割る)

サバ水煮缶80グラム

オートミール28グラム

さつまいも39グラム

夕食1

さつまいも100グラム

サラダチキン1パック

アーモンド10グラム

夕食2

ホエイプロテインアイソレイト(アーモンドミルク150mlで割る)

さつまいも88グラム

ダノン・オイコス砂糖不使用

間食(20時前、1日最後の食事)

ローソンの中華おこわおにぎり(出先だったため)

ローソンのサラダチキンレモン味

PFCバランス

P183グラム(40%)

F42グラム(21%)

C181グラム(39%)

今日の栄養バランスは
ほぼ完ぺき4:4:2になりました。

今日のトレーニング

日中に脚トレと腕

シシースクワット10回3セット

ルーマニアンデッドリフト(ダンベル)10回3セット

EZバーカールとトライセプス・プレスダウンのスーパーセット10回3セット

夜の断食時間に肩トレ

フロントレイズ(プレート)とサイドレイズのスーパーセット10回4セット

アップライトロウ10回4セット

リアデルト・レイズ10回4セット

以上、大会カウントダウンシリーズ10日前でした。

初日から気合入れて書いちゃって続けられるか不安。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-大会カウントダウンシリーズ

Copyright© 筋トレ大百科 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.